nishinohara online store nakaniwa

2021/11/30 13:43


いよいよはじまりました!

GROCERY MORISUKEには今年もたくさんのチョコレートが届いています。

素材や製法にこだわり作られた、とっても美味しいクラフトチョコレートたち。
今回は、カカオ豆の産地やブレンドよる味の違いなど
よりカカオを感じられるタブレットを中心に
大人なダークチョコレートが揃いました。

ブランドごとにひとつずつご紹介してまいります。

---------------------------------------------------------------------------------------------

「ANGIOLINI」


〈アンジョリーニ〉


イタリア、トスカーナ州ポンテデーラ。

創業者のジョヴァンニ・アンジョリーニは

14歳からパティシエの研究生として働きはじめ、その後

世界有数のチョコレートメーカーに30年勤務します。

そして2018年に家族と”ANGIOLINI"を設立しました。


彼はカカオ豆からタブレットチョコレートを作るBean to Barを

最初に実現させた人と言われています。


注目は100%カカオのタブレット。

100%でも苦みを感じず、

非常に風味豊かで酸味が美しいチョコレートです。

3つの大陸(ヴェネズエラ/マダガスカル/パプアニューギニア)の

7種類のカカオで作られています。


---------------------------------------------------------------------------------


「zotter」



〈ゾッター〉


オーストリア、シュタイアーマルク。

なだらかな果樹園の丘に囲まれた自然のなかにその工場はあります。


創業者のヨーゼフ・ゾッターは中南米各地のカカオ栽培地域を毎年訪れ、

高品質のカカオ豆を調達しています。


チョコのなかにムースの入った”ハンドスクープバー"は

ゾッターのトップライン。

なめらかな食感を楽しめます。


安全面においてはもちろんのこと、おいしさ、

さらには楽しさ、美しさを満たしてくれるチョコレートです。


--------------------------------------------------------------------------------------------------


「THEO&PHILO」



〈テオアンドフィロ〉


フィリピン。

自国で収穫された原材料だけでチョコレートをつくる

世界でも数少ないファクトリーです。


カカオやサトウキビをはじめ、

マンゴーやココナッツ、コーヒーなど

自国で手に入る良質な素材を使って、

すべての工程を自分たちで行っています。


カラマンシ―(柑橘)やトウガラシなど

ひと味違った組み合わせを楽しめるチョコレートです。


----------------------------------------------------------------------------------


「MAROU」



〈マルウ〉

ベトナム。

2人のフランス人はベトナムを旅するなかで

ベトナム産の高品質なカカオに出会いました。


MAROUはそのカカオに惚れ込んだ2人が

2011年に創業したビーントゥバーチョコレートメーカーです。


シングルオリジンチョコレートの原料は

ベトナムの6つの地域で収穫されたカカオときび砂糖だけ。

カカオの産地がそのままチョコレートの名前になっています。

産地による違いをお楽しみください!


---------------------------------------------------------------------------------


「Pure Dates Chocolate」



〈ピュアデーツチョコレート〉


デーツとカカオだけで作る、

まったく新しいカタチのクラフトチョコレートです。


たっぷりの栄養をたくわえた奇跡のフルーツ”デーツ”と

柑橘のようなフルーティさが際立つ

マダガスカル産のカカオのみを使用。

その中でも無農薬で育てた上質のカカオ豆だけを厳選して使用されています。


砂糖もシロップも使わない、デーツの自然な甘みと

身体に良い素材だけで作ったピュアチョコレートです。


------------------------------------------------------------------------------------------------------


「ROOSIKU」



〈ローシク〉


北欧エストニア。

2015年、ローシクチョコレートファクトリーは

140年ほど前に建てられた学校を改築し誕生しました。


創業者アイヴォ氏のポリシーは

『ヴィ―ガン(動物性原材料不使用)、低糖質、環境配慮』


ペルー産の希少品種カカオである

”クリオロ種”のみを使用し、

カカオの栄養を壊さないとされる42℃以下で

調理されているローチョコレートです。


成分解性で土に還るパッケージを採用されています。


------------------------------------------------------------------------------


「CARTWRIGHT&BUTLER」



〈カートライトアンドバトラー〉


イギリス、ヨークシャーの海辺の小さな町。

1981年、カートライト婦人と夫のバトラーさんは二人三脚で

クラフトギャラリーから自家製食品の販売を開始します。


滑らかなヘーゼルナッツガナッシュをダークチョコレートで包み、

ココアパウダーでコーティングしたトリュフ。

ミルクチョコレートとシーソルトは

通好みの組み合わせを楽しめるチョコレートです。


高い品質とスタイリッシュなデザインが人気のブランドです。


-----------------------------------------------------------------------------------------


「FARRAH’S」



〈ファラーズ〉

イギリス。

1840年にJohn Farrah氏によって創業された伝統ある老舗です。


FUDGEは口の中に入れると

あっという間に柔らかくなり、その食感はとてもなめらか。

クリーミーで濃厚な味わいです。


英国では王室御用達でもあり、

世代を超えて愛されている味です。


---------------------------------------------------------------------------------------------



いかがでしたでしょうか?

カカオ豆の魅力が詰まったチョコレート、ぜひお楽しみください!


ささやかですが無料ラッピングもお承りいたします。

ぜひご利用ください♡


CHOCOLATE2022すべてのアイテムはこちらからご覧いただけます。