nishinohara online store nakaniwa

2023/01/23 15:27



今年もチョコレートの季節がやってきました!


毎年おなじみの人気のチョコレートに加え、

はじめましてのチョコレートもご紹介します。

今季はサスティナブル、フェアトレードをコンセプトにしたブランドや
栄養豊富なローチョコレートなどがたくさん入荷しています。

味はもちろんのこと、
作られる背景も含めて選ぶ基準にしていただけたら
味わいもまた変わるのではないでしょうか。

かわいいパッケージもいっぱいで、にぎやかなchocolate2023。
ぜひお楽しみください!


NEW!
LOVE COCOA (ラブココア)  イギリス・ロンドン

イギリスでは誰もが知っている老舗チョコレートメーカー
Cadbury(キャドバリー)の創設者John Cadbury、
そのひ孫James Cadburyが2016年に立ちあげたチョコレートブランドです。

チョコレートの味やクオリティはもちろん、
パッケージの素材や契約農家との取り組みなど
サスティナブルな活動にも力を入れています。

気候変動を阻止するため、チョコレートバーが一枚売れる度、
カメルーンに木を一本植えるプロジェクトを実施しており
2020年は一年間で500,000本の木を植えています。

●パーム油フリー
●シングルオリジン
●スレイブフリー
●プラスチックフリーパッケージ



NEW!
H!P CHOCOLATE (ヒップチョコレート) イギリス・ロンドン

LOVE COCOAの創設者James Cadbury が
おいしいヴィーガンのチョコレートを食べたい
という願いから立ち上げた新ブランド。

オーツミルクを使用した、サスティナブルでプラントベースの
全く新しいヴィーガンミルクチョコレートです。

食物繊維、タンパク質、亜鉛、ビタミンD、マグネシウムなどを
多く含んでいるオーツミルク。
アレルゲンフリー、大豆フリー、グルテンフリーなので
より幅広い方々に安心して楽しんでしんいただけます。



NEW!
Ombar (オムバー) イギリス・ケンブリッジ

南米エクアドル産、指定農園のフェアトレードカカオを使ったローチョコレート。

低温発酵でカカオをローストしないローチョコレートは
カカオ本来の栄養分が損なわれず、多くの栄養素や酵素を摂取できるスーパーフードです。

肥満、コレステロール値を上げる要因となる精製糖は不使用。
森林、環境破壊や気候変動につながるパームオイルも使用していません。
代わりに、フィリピン・ミンダナオ産のココナッツシュガーとペルー産のココアバターを
使用し、身体や環境に配慮したチョコレートを作っています。

●乳製品を一切使わないヴィーガン対応
●英国基準のオーガニックフード認証



NEW!
Feodora (フェオドラ) ドイツ・ブレーメン

チョコレート大国ドイツで
1910年に創業した老舗の高級チョコレートブランド。

フェオドラとは、ドイツのビクトリア皇后の妹である
プリンセスフェオドラの名前に由来しています。

フェオドラは現在もブレーメンの自社工場で生産を続けており、
創業当時から受け継がれる伝統的なレシピから創られたチョコレートは、
深いカカオの風味が魅力です。



〈アンジョリーニ〉


イタリア、トスカーナ州ポンテデーラ。

創業者のジョヴァンニ・アンジョリーニは

14歳からパティシエの研究生として働きはじめ、その後

世界有数のチョコレートメーカーに30年勤務します。

そして2018年に家族と”ANGIOLINI"を設立しました。


彼はカカオ豆からタブレットチョコレートを作るBean to Barを

最初に実現させた人と言われています。


非常に風味豊かで酸味が美しいチョコレート。

3つの大陸(ヴェネズエラ/マダガスカル/パプアニューギニア)の

7種類のカカオで作られています。




zotter (ゾッター)


オーストリア、シュタイアーマルク。

なだらかな果樹園の丘に囲まれた自然のなかにその工場はあります。


創業者のヨーゼフ・ゾッターは中南米各地のカカオ栽培地域を毎年訪れ、

高品質のカカオ豆を調達しています。


チョコのなかにムースの入った”ハンドスクープバー"は

ゾッターのトップライン。

なめらかな食感を楽しめます。


安全面においてはもちろんのこと、おいしさ、

さらには楽しさ、美しさを満たしてくれるチョコレートです。




ROOSIKU  (ローシク)


北欧エストニア。

2015年、ローシクチョコレートファクトリーは

140年ほど前に建てられた学校を改築し誕生しました。


創業者アイヴォ氏のポリシーは

『ヴィ―ガン(動物性原材料不使用)、低糖質、環境配慮』


ペルー産の希少品種カカオである

”クリオロ種”のみを使用し、

カカオの栄養を壊さないとされる42℃以下で

調理されているローチョコレートです。


成分解性で土に還るパッケージを採用されています。




CARTWRIGHT&BUTLER (カートライトアンドバトラー)


イギリス、ヨークシャーの海辺の小さな町。

1981年、カートライト婦人と夫のバトラーさんは二人三脚で

クラフトギャラリーから自家製食品の販売を開始します。


滑らかなヘーゼルナッツガナッシュをダークチョコレートで包み、

ココアパウダーでコーティングしたトリュフ。

ミルクチョコレートとシーソルトは

通好みの組み合わせを楽しめるチョコレートです。


高い品質とスタイリッシュなデザインが人気のブランドです。





Le chocolat des Français (ル・ショコラ・デ・フランセ)

フランス・パリ

2014年に3人の青年により創業。

商品の殆どにエクアドルおよびガーナのカカオ豆を使用。

保存料などは一切使用せず、 フランス国内各地の小さな工房で職人によって手作りされています。 伝統的な手法により素材は パーム油無添加の100%純カカオバターを使用し、香りが豊かでクリーミーでなめらかな ロどけが特徴です。


-------------------------------------------------------------------------------------------


いかがでしたでしょうか?


ささやかですが無料ラッピングもお承りいたします。

ぜひご利用ください!


chocolate2023 すべてのアイテムはこちらからご覧いただけます。